« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

散歩

       少し増え気味の体重を気にしながら、
       近くにある運動公園に出かけて見ました。         Cimg2305     
Cimg2340_2 




体育館では、何かの大会でも行われているらしく、
たくさんある駐車場も満車状態で、道路脇にまで、
車が停められていました。        Cimg2332
Cimg2329  いくつかあるテニスコートも、全部使われていて、自由に遊べる公園や運動広場では、家族連れの人達が球技やいろんな遊びを楽しんでいて、人気の少ないところを撮るのが、難しいくらいでした。
散歩コースを歩いて行くと、綺麗な光景が目に入って来ます。         Cimg2323_2          Cimg2322





←この一枚凄く気に行ってます☆   

Cimg2327 ずぅ~っと歩いて行くと、
木の下で珍しい木の実を発見
したりとか・・・という楽しさも
ありましたよ~           
Cimg2345 すっかり長居をしてしまって・・・
西日も傾いて来た帰り道の風景が、
なんとなく綺麗に見えて
カシャッと撮って帰りました。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

牡蠣尽くしのランチ

広島の牡蠣直売店がやっているレストランに行きました。

Cimg2258 「かきうち」の見学が出来、作業をする人の手の速さにびっくり!
みるみるうちに、牡蠣の殻が山積みになって行きます。

Cimg2257_3  レストランの方は落ち着いた雰囲気のいい感じ・・・ 名前が「14番目の月」って言うんですが何か意味があるのかなぁ・・・
今度聞いて見よう。

お客が多かったので写真はちょっと控え気味にしました。

ランチメニューの中の牡蠣飯の中には大粒のプリプリの牡蠣がわんさと入ってましたよ。
牡蠣にシソの葉を巻いた天ぷら。。。
グラタンの中には、びっくりするような立派な牡蠣が入っていてまたびっくりです。
牡蠣好きな人にはたまりませんよ~                                      
20071121113031      20071121113225       






昨年は風潮被害もあったりして伸び悩んだこともあったみたいですが、広島の牡蠣...美味しいよ~~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ALWAYS 続・三丁目の夕日

『ALWAYS 続・三丁目の夕日を見て来ました。
何故か、前回のを見た時ほど、感動は、なかったのですが、
昭和の時代の背景が、味があっていいなぁ・・・と。
今回は、「竜之介」、「ヒロミさん」、「淳之介君」の3人が
一緒に暮らせることになってハッピーな終わり方でした。

薬師丸ひろ子さんの演じる母親像が素敵です。
子供の頃、近所には、ああいう風に、よその子供も
自分の子供と同じ様に、叱ったり、褒めたり
面倒を見てくれる母が、いっぱいいた気がします。

その子供の「鈴木一平」こと小清水一揮君 ・・・
絶妙な味を見せてくれますよ~

堤真一さん演じる鈴木オートのおやじさん、口は悪いが
人情は篤いというのがぴったりですね。

星野六子役の堀北真希ちゃんも可愛いですね。
そう言えば貫地谷しほりちゃんも少し出ていました。

ほろりとしたり、笑って見たりしながら
懐かしい昭和の時代が垣間見れて良かった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

城山

   
    近くにある城山のロープウェイに乗って来ました・・・
Cimg2171             


子供が小さい頃に乗った
っきりで何年ぶりでしょう。
Cimg2177

まだ紅葉までは、行かない様ですが、この時期
秋の観光客が、けっこう
来られていました。 
Cimg2182
大きな時計台 
何時間か置きに
ガラス窓が開いて綺麗な
オルゴールの音色が流れて
・・・
         

               

| | コメント (4) | トラックバック (0)

夏の終わりに見た『月』

少し時期はずれになりましたが、いつか見た
綺麗な月がデジカメの中に眠っていたので、出して見ました。
皆既月食の時に、何枚か撮った中の1枚ですが、私にしては上出来かな・・・と
Cimg1913 お月様って、なんか
ロマンがありませんか...

月明かりを見てると
ほっとするような。

Cimg1720_2  →これは、夏の思い出です。
近くの花火大会に出かけた時のですが、
やっぱり花火は、上手く
撮れませんでした...

Cimg1681 夕暮れの屋台の風景も、妙に懐かしく、
時の流れの早さを、感じます~
ちょっとおセンチモードね(^^)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »